オオカミとコヨーテの違いとは? 犬属同一種説について

皆さん、突然ですがオオカミとコヨーテの違いが分かりますか?

動物に詳しい人なら、
オオカミは、イヌ科最大の動物で比較的寒冷地の森林などに棲んでいる
コヨーテは、オオカミに比べると小型で砂漠などの熱帯地域にも進出している
ぐらいの認識はあるかもしれません。

では、実際のオオカミとコヨーテの画像を見てみたいと思います。

オオカミ(学名:Canis lupus)

コヨーテ(学名:Canis latrans)

オオカミとコヨーテは共にイヌ科イヌ属に属する動物ですが、近縁種の動物は生息地が寒いほど大きくなりやすい傾向があります。
例えば、同じ北アメリカ大陸に生息するオオカミとコヨーテでは、寒冷な地に棲むことが多いオオカミの方が、比較的温暖な地に棲むことが多いコヨーテより大きくなります。(オオカミの体重は40kg程度、コヨーテの体重は15kg程度)
また、毛の量や長さなども生息域に影響し、寒冷な地に棲むオオカミは毛量が多く、温暖な地に棲むコヨーテは毛量が少なくなるなどの外見的な違いが現れます。

オオカミとコヨーテの生息域について、もう少し詳しく調べてみたいと思います。

オオカミの生息域

オオカミの生息域は北半球全域に広く渡っていて、かつては日本やヨーロッパ全域、北アメリカの南部にも生息していました。
※緑が生息域、赤が絶滅地域

コヨーテの生息域


image credit:Cypron-Range Canis latrans by Maplab 80x15

コヨーテの生息域は北アメリカ大陸のみですが、北アメリカ大陸ではオオカミ以上に広く生息しています。

さて、こんなオオカミとコヨーテですが、近年、交雑が進んでいるとのことです。
↓オオカミとコヨーテの交雑を伝える海外のサイト

Wild canine hybrids lurk in our midst. (Photo: WikiCommons/Public Domain)

実は、オオカミとコヨーテの間に産まれる子供は身体に問題もなく繁殖能力も伴うのですが、ここで1つの疑問が生まれます。
それは、生まれてくる子供が健康で繁殖能力があるのなら、同じ動物なのではないかという疑問です。

ヒョウ属のトラとライオンは、人工的な繁殖でライガーやタイゴンと呼ばれるの子供が生まれますが、その子供には繁殖能力がありません。
ウマとロバの交雑種であるラバも同じく繁殖能力はありません。

しかし、オオカミとコヨーテの交雑種は繁殖能力があり、しかも人工的ではなく自然下でも繁殖行動が行われているのです。

20世紀のダーウィンとも称された進化生物学の権威『エルンスト・マイヤー』氏は、種の基準について以下の通り説明しています。

同地域に分布する生物集団が自然条件下で交配し、子孫を残すならば、それは同一の種とみなす。

この定義に従えば、オオカミとコヨーテは自然に交配し子孫を残し生活域も重なっているのですから、同種ということになります。
もう少し踏み込んで考えると、コヨーテはオオカミの亜種ということになるかと思います。

他のイヌ属についても考えてみましょう。

アメリカアカオオカミ(学名:Canis rufus)

アメリカアカオオカミは、オオカミとコヨーテの交雑種であるとの話もあり、そもそも独立種でない可能性も考えられます。

キンイロジャッカル(学名:Canis aureus)


photo credit:Golden Jackal by Koshy Koshy 80x15by

キンイロジャッカルは、ジャッカルという名前ですがオオカミに近い動物であることが分かっています。
また近年、アフリカに生息するキンイロジャッカルとユーラシア大陸に生息するキンイロジャッカルが別種であると発表され話題になりました。

アフリカに生息するキンイロジャッカルとユーラシアのそれは異なる種であり、一方は新種であることが判明。イヌ属で新種が発見されるのは実に150年ぶり。

いずれにせよ、キンイロジャッカルはオオカミと自然交配するすることが分かっています。

アビシニアジャッカル(学名:Canis simensis)


photo credit:Ethiopian Wolf by Stuart Orford 80x15

アビシニアンジャッカルは、近年、野犬との交雑が進み絶滅の危機に瀕しているとのことです。(野犬=イヌは、オオカミの亜種である)

その他のイヌ属には、ヨコスジジャッカル(Canis adustus)、セグロジャッカル(Canis mesomelas)の2種いますが、この2種は上記で挙げたイヌ属と遺伝的に多少乖離があるため、あまり交雑が起こらないそうです。

アメリカアカオオカミ、キンイロジャッカル、アビシニアンジャッカルの生息域もみてみましょう。

アメリカアカオオカミ(学名:Canis rufus)

キンイロジャッカル(学名:Canis aureus)


image credit:World goldschakal by Jonathan Hornung 80x15

アビシニアジャッカル(学名:Canis simensis)


image credit:Mapa distribución lobo rojo (canis rufus) by Fobos92 80x15

これらの生息域と、先に紹介したオオカミとコヨーテの生息域を重ねると、オオカミ、コヨーテ、アメリカアカオオカミ、キンイロジャッカル、アビシニアンジャッカルの生活地域は繋がっており、

同地域に分布する生物集団が自然条件下で交配し、子孫を残すならば、それは同一の種とみなす。

という定義に従えば、同種(亜種)ということになります。(ベーリング海峡が海で隔たれたのはわずか1万年前のことなので、まだ遺伝子的な乖離は起こらない)
少なくとも、同じ北アメリカ大陸に生息し、頻繁に自然交配をしているオオカミ、コヨーテ、アメリカアカオオカミは、完全に同種とみて問題ないでしょう。

そうであるなら、コヨーテ、アメリカアカオオカミ、キンイロジャッカルの2種、アビシニアンジャッカルは、オオカミ(学名:Canis lupus)の亜種とし、

コヨーテ → アメリカオオカミ
Canis latrans → Canis lupus latrans

アメリカアカオオカミ
Canis rufus → Canis lupus rufus

キンイロジャッカル → アジアキンイロオオカミ、アフリカキンイロオオカミ
Canis aureus → Canis lupus aureus

アビシニアジャッカル → エチオピアオオカミ
Canis simensis → Canis lupus simensis

などと名前や学名を変えるべきなのかもしれません。