動物の分類学から考えるイリオモテヤマネコの嘘

イリオモテヤマネコは日本の天然記念物として、日本人に広く知られています。
しかし、日本の固有種と思われていたイリオモテヤマネコが、現在ではベンガルヤマネコの亜種として扱われていることはあまり知られていません。

なぜ今まで日本の固有種と思われていたイリオモテヤマネコが、ベンガルヤマネコの亜種になったのでしょうか?

この問題を考えるには、まず西表島(いりおもてじま)及びイリオモテヤマネコの発見に関する説明をしなければなりません。
イリオモテヤマネコは、1965年に作家の戸川幸夫氏が西表島で発見し、当時、国立科学博物館動物部長だった動物学者の今泉吉典氏によって学会で発表されました。
今泉氏はこのイリオモテヤマネコを、約1000万年前から約300万年前に出現した原始的なヤマネコの近縁である独立種だと発表したため、イリオモテヤマネコは『生きた化石』などと称され日本中で大きな話題となったのです。

そもそもの話ですが、みなさんは西表島がどこにあるかご存知でしょうか?
以下の地図をご覧ください。

地図で示すとおり、西表島は本州や九州はもとより沖縄本島よりも台湾に近い場所にある島です。
沖縄諸島は200万年前ほどに大陸と分離しましたが(120年前とする説などもある)、西表島を含む八重山諸島は約20万年前まで大陸と陸続きであったと考えられ、その後も海水面の上下動から大陸とかなり近い時期があったようです。
遺伝子解析によれば、イリオモテヤマネは18年前から20万年前にベンガルヤマネコと分岐したとされており、西表島が大陸と分離した時期とも重なっています。
現在、イリオモテヤマネコはベンガルヤマネコの亜種であるとされているわけですが、これは(環境やその生物にもよるでしょうが)20万年前に生活域が分離しても種の分離は起こらないということを示しているのです。

今泉氏が、20万年前に他の島と分離していた西表島で発見されたヤマネコを、独立種と考えたことは理解できます。
しかし、数百年前の原始的なヤマネコの生き残りという主張は相当無理があると指摘せざるを得ません。
実際にこの今泉氏の主張は、学会で発表された当時から疑いをもつ研究者が多かったそうです。
そしてこの今泉氏は、日本のオオカミ(ニホンオオカミ)もタイリクオオカミとは別種の独立種であると主張していた人物として知られています。
しかし今現在、日本のオオカミを独立種であると考える研究者はほとんどいません。

このような”動植物の発見時にそれを独立種であると主張すること”はよくあります。
なぜかというと、独立種であると認められればその発見者として後世まで名が残ることと、全滅寸前の独立種であると認定されれば極めて強い保護の対象になるからです。
当然、種の保全は極めて大事であり、私自身も最大の関心を持っています。

しかし、そのために行き過ぎた種の分類がされることは、本来の動物学から逸脱した結果を生み出してしまうのではないでしょうか?

以上、動物の分類が正しくされることを望み、当記事を終わりにしたいと思います。