ネコ一覧

イリオモテヤマネコが2017年に“消滅”していたという事実

1年ほど前に『イリオモテヤマネコの嘘』と題して、イリオモテヤマネコに関する不都合な事実を記事にしましたが、その記事内ではイリオモテヤマネコを日本の固有種だと信じたい人に配慮して、あまり真実の追及ができていない部分がありました。
ですので今回は、イリオモテヤマネコに関してもう少し衝撃的な事実を公表したいと思います。

実は、イリオモテヤマネコは既に存在していません!

正確に言えば、イリオモテヤマネコというネコは元々存在していなかったのです。
もちろん西表島にヤマネコは存在していますが、それはベンガルヤマネコもしくはベンガルヤマネコの亜種であるアムールヤマネコということです。
Read more(続きを読む)


小さなネコ科動物TOP10

以前、大きいネコ科動物のランキングを紹介しましたが、今回は小さいネコ科動物のランキングを紹介します。
全てペットとして飼われる猫(イエネコ)より小さい野生猫となります。
というわけで、小さいネコ科動物ランキングです!!

10位


photo credit:Bay cat 1 Jim Sanderson by Jim Sanderson 80x15

ボルネオヤマネコ/Bay cat

【体重/Weight】
3kg~4kg
【学名/Scientific name】
Pardofelis badia または Catopuma badia
【分類/Taxonomy】
マーブルキャット属 または アジアゴールデンキャット属 ※
Genus:Pardofelis or Catopuma
【生息域/Range】
ボルネオ島
Borneo

※捕獲数が少ないため正確な分類はされていない。
Read more(続きを読む)



動物の分類学から考えるイリオモテヤマネコの嘘

イリオモテヤマネコは日本の天然記念物として、日本人に広く知られています。
しかし、日本の固有種と思われていたイリオモテヤマネコが、現在ではベンガルヤマネコの亜種として扱われていることはあまり知られていません。

なぜ今まで日本の固有種と思われていたイリオモテヤマネコが、ベンガルヤマネコの亜種になったのでしょうか?
Read more(続きを読む)


大きなネコ科動物TOP10

日本における二大ペットの一角として知られる猫は、もう一方の二大ペットである犬よりも比較的に小さな動物ですが、ネコ科動物にはイヌ科動物最大種のオオカミよりも大きい種が多数いることで知られています。
というわけで、大きなネコ科動物ランキングの紹介です。

10位


photo credit:Caracal by Gopal Vijayaraghavan 80x15by

カラカル/Caracal

【最大体重】
23kg
【学名/Scientific name】
Caracal caracal
【分類/Taxonomy】
カラカル属
Genus:Caracal
【生息域/Range】
西アジア、アフリカ大陸
West Asia, Africa

Read more(続きを読む)