爬虫類(Reptiles)一覧

このカテゴリーでは、爬虫類に関するランキングや記事を紹介します。

今もっとも絶滅に近い動物・シャンハイハナスッポンについて考える

動物は誕生しては絶滅するを繰り返し、更に現在は、人間の活動が種の絶滅を含む地球環境にまで影響を持つようになりました。
そんな中、今もっとも絶滅に瀕している動物が『シャンハイハナスッポン』というスッポンです。


photo credit:Rùa Đồng Mô by Phuongcacanh at Vietnamese Wikipedia

シャンハイハナスッポン/Yangtze giant softshell turtle

【最大甲長】
104cm
【学名】
Rafetus swinhoei
【分類
カメ目スッポン科ハナスッポン属
【生息域】
ドンモー湖(ベトナム)

Read more(続きを読む)


淡水ガメの大きさTOP5

亀は生息域や体の構造から4つのグループに大別することができます。
その1つが淡水に生息するスッポン以外の亀で、大多数の亀がここに分類されますがウミガメ、リクガメ、スッポンに比べるとそこまで大きい種は存在していません。
というわけで、大きい(最大甲長が長い)淡水ガメのランキングです。

5位


画像引用元:Turtle Survival Alliance

カンムリガメ/Crowned river turtle

【最大甲長】
61cm(2ft)
【学名/Scientific name】
Herdella thurjii
【分類/Taxonomy】
イシガメ科カンムリガメ属
Family:Geoemydidae
Genus:Herdella
【生息域/Range】
南アジア
South Asia

Read more(続きを読む)



スッポンの大きさTOP5

亀は生息域や体の構造から4つのグループに大別することができます。
その1つが水(淡水)に著しく適応し柔らかい甲羅を持つスッポンで、東南アジア周辺にはかなり大きなスッポンがいることで知られています。
というわけで、大きい(最大甲長が長い)スッポンのランキングです!

5位


画像引用元:World Chelonian Trust

ビブロンマルスッポン/Bibron’s giant softshell turtle

【最大甲長】
102cm(3.3ft)
【学名/Scientific name】
Pelochelys bibroni
【分類/Taxonomy】
スッポン科マルスッポン属
Family:Trionychidae
Genus:Pelochelys
【生息域/Range】
ニューギニア島
New Guinea Island

Read more(続きを読む)


リクガメの大きさTOP5

亀は生息域や体の構造から4つのグループに大別することができます。
その1つが水場を離れ陸地に進出したリクガメで、その中でもゾウガメと呼ばれる2種は最大クラスの亀となります。
というわけで、大きい(最大甲長が長い)リクガメのランキングです!

5位


photo credit:Leopard Tortoise by Manjithkaini

ヒョウモンガメ/Leopard tortoise

【最大甲長】
71cm(2.3ft)
【学名/Scientific name】
Stigmochelys pardalis
【分類/Taxonomy】
リクガメ科ヒョウモンガメ属
Family:Testudinidae
Genus:Stigmochelys
【生息域/Range】
アフリカ大陸中部、南部
Africa

Read more(続きを読む)


ウミガメの大きさTOP5

亀は生息域や体の構造から4つのグループに大別することができます。
その1つが海に生息し手足がヒレ状に進化したウミガメで、どの種もかなりの大きさを誇ります。
というわけで、大きい(最大甲長が長い)ウミガメのランキングです!

5位


photo credit:Natator depressus by Lyndie Malan

ヒラタウミガメ/Flatback Turtle

【最大甲長】
99cm(3.2ft)
【学名/Scientific name】
Natator depressus
【分類/Taxonomy】
ウミガメ科ヒラタウミガメ属
Family:Cheloniidae
Genus:Natator
【生息域/Range】
オーストラリア近海
The sea near Australia

Read more(続きを読む)